CoD:MW スナイパーで活躍しやすいモードはどれだ?

どうも、管理人です。

最近はCoD:MWをやるにしても、どんなプレイをするかが大事になってきました。

6V6 MOSHPITでアサルトライフルを使えばそれなりにスコアトップを目指せるようになってきたのですが(ガチ勢がいるときは無理です笑)、ただ戦っても面白くない。

そこでマークスマンライフルのKar98kを使い、ボルトアクションオンリーで戦い始めたのがここ3週間くらい。

やっと楽しく活躍できるようになってきました。

ただし思ったのは、スナイパーが活躍しやすいモードと、そうでないモードがあるということ。

今回はそれについて書こうと思います。

DOMINATIONは安心してスナイパーが活躍できる!

まず、初心者でも最も安心してスナイパーができるのが、ドミネーションだと思います。

そもそもドミネーションはキル数が勝敗に直接的に関係ならないこともあり、しっかり拠点を確保していけばキルが少なくても活躍できるモードです。

そしてもう一つ最大のメリットとして、基本的には敵の来る方向が予測しやすいのです。

スナイパーにとって一番厳しいのは、後ろや横から撃たれること。それなりに周囲を確認しつつ、多少移動しつつ戦ったとしても、不意打ちには勝てません。

そういう意味で、ドミネーションであれば、基本的には前から敵が来ることがほとんど。さらに味方の方向を意識しつつ、自分のいる場所にスキがないかをチェックすれば、落ち着いてスナイピングすることができます。

KILL CONFIRMEDもなかなか面白い

もう一つスナイパーならではの楽しみかたができるのが、キルコンファーム。特に10v10のMOSHPITでやるキルコンファームなどは、実に色々な戦い方ができます。

で、キルコンファームがスナイパーにとって面白いのは、タグが索敵の非常に有効な手段になること。

チームデスマッチ等ではしっかり自分の居場所を考えないと待ちぼうけをしてしまいますが、キルコンファームであれば落ちているタグを目印に、ある時は囮にスナイピングをすることができます。

また前線で活躍している仲間を後ろからサポートし、自分が狙撃した敵のタグを味方が拾ってくれると、テンション爆上げです。

HARDPOINTやHEARQUARTERSは難しい

逆に移動する回数が多く、いろんな方向の敵と交戦することになるハードポイントやヘッドクォーターは非常に難しいモードです。

ここでスナイパーライフルを使うのは、本当にプロフェッショナルな狙撃手でしょう。

ハードポイントやヘッドクォーターは、拠点付近での接近戦が多く、敵味方が入り乱れるモードなのでSMGやショットガン等が活躍します。

また拠点に行かなければポイントにならないので、遠くで敵を待っているとチームの迷惑にもなってしまいます。

初心者スナイパーなら避けたほうが良いモードです。

とにかくリスポーンの入れ替わりに注意

ドミネーションはもちろんのこと、チームデスマッチ等もそうなのですが、スナイパーにとって一番の脅威はどんな敵よりもリスポーンの入れ替わりです。

いつの間にか敵が後ろから大量発生していて、後ろからキルされる。これが最も残念なデスだと思います。

また撃ってもらえればまだしも、とどめの一撃をされて、芋砂の烙印を押されてしまっては、あまりにも悔しいですよね。

それを避けるためには、ミニマップでいつも味方の位置を意識すること。

味方の矢印の方向によって、主に敵がどちら側にいるかというのを知ることができます。また自分が戦局から外れた場所にいたり、意味のない場所で待ち伏せをしていた場合にも気づくことができます。

スナイパーは、

  1. 活躍できるマップ
  2. 活躍できるモード
  3. 活躍できる場所
  4. 活躍できる戦況

この4つを手に入れられるかどうかで半分勝負が決まっていると思いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です