CoD:MW でのスナイパーが楽しすぎた件

どうも、管理人です。

前回のブログ記事で、キャンペーンモードの感想を書いてみたのですが、今回はその中で触れるのを忘れてしまった件について。

8番目のミッションである「死のハイウェイ」が楽しすぎた。

この楽しさを体験するためだけにキャンペーンモードをやってもいいくらいです。

ミッションの内容はずばり、狙撃。

Cod:MWで一番スナイパーを楽しめる瞬間

もともと僕はスナイパーが大好きで、映画「山猫は眠らない」も何度も見ましたし、攻殻機動隊ではサイトーのファンです。

しかし何と言っても世界最高のスナイパーといえば、やはり小説「極大射程」のボブ・リー・スワガー。

映画やNetflixのドラマにもなっているこの小説の主人公は、タフな元海兵隊で、実にユーモアに富んでいて、最高にかっこいい。

そしてこのボブリースワガーになりきれるのが、このミッションなんです。

スナイパー好きは絶対にやってほしい。

ミッションの内容

このミッションは、死のハイウェイと呼ばれる道路を横切る敵を、約400m〜600m離れた側面の建物から狙撃するというもの。

砂漠の廃墟から狙撃するというのがまず激アツやんけ!

で、何が面白いかというと、マルチプレイでは存在しないと思うのですが、このミッションでは着弾点の降下に加え、風の影響を計算して狙撃をします。

色々な場所に旗が立っているので、それを目印にスナイパーさながらの遠距離射撃をする。楽しい!!

ファラが観測手として情報をくれるので、難しいわけではないのですが、考えなければ当たらない。最高にエキサイティングでした。

で、敵も狙撃されっぱなしではなく、どんどん態勢を整えて、迫撃砲を放ってくる。そしてその迫撃砲の射手を探したり、敵のスナイパーを索敵して狙撃したりします。

完全に極大射程の世界。

正確さと速さを求められる緊張感。

Cod:MWの中でこれが楽しめると知っていたら、もっと早くキャンペーンモードをやっていたことでしょう。

もともと没入感が半端じゃないCod:MWのキャンペーンモードの中での、このミッション。

本当に手に汗握るスナイピングができるので、ぜひ挑戦してくださいね。

Cod:MWでスナイパーとして活躍したいなら

ちなみにCod:MWのマルチプレイモードでスナイパーとして活躍したいなら、以下の二つの方法がおすすめ。

グランドウォーに挑戦する

まずスナイパーが活躍するモードといえば、広大なマップで32 VS 32のドミネーションを繰り広げるグランドウォー。

全く突入する側としては本当に鬱陶しいくらいスナイパーに撃たれます。

とはいえ、それが上手であれば相手の侵攻を食い止めチームのためになるのも事実。

スナイパーとしてCod:MWで活躍したいなら、まずはグランドウォーです。

とはいえ!

勘違いしてはいけないのは、芋るのと有効なスナイピングは違うということ。

後方でエイムしているだけではいけません。

まずは拠点の確保状態を見て、どこにスナイパーが必要とされているかを見極めること。味方が近くのABを固めているとしたら、その後ろから狙っていても接敵さえしません。

もちろん忍び込んで回り込んでくる敵はいますが、そういう敵は不意をつくために来ているので、エイム内に飛び込んでくることは稀です。

なので、射程距離をできるだけ取りつつも、敵と味方が交戦している最前線を狙える場所へとアプローチすること。例えば中間地点のCとBで激しい攻防を繰り返しているのであれば、やや大回りしながらそれを斜めに狙えるスポットへ。

そこが落ち着いたらまた移動する、というように自分が常に良い位置にいることを心がけましょう。

6 VS 6ならマークスマンライフルを活用

そうではなくて、マルチプレイで通常のドミネーションやチームデスマッチなどの中でスナイパーとして活躍したい!

という人もいるかもしれません。

はっきり言って、これは上級者でないとかなり難しいと思いますし、マップ次第で現実的に不可能なところもあります。

例えばRustやShipmentはほぼ不可能、VacantやAtlas Superstore等でも狙撃するのはかなり難しいと思います。

特に今回のCod:MWではスナイパーライフルのエイム速度が非常に遅く設定されています。なので相当有利な状況でなければ、撃ち負けてしまいます。

それでもスナイパーしたい人におすすめなのが、マークスマンライフルにマップに合ったサイト(中距離であれば3.5倍、遠距離で狙えるならスコープ等)をつけて戦うこと。

これなら中距離も十分に対応ができます。ドミネーションでも中間地点の防衛等でチームの役に立てると思います。

1、2人仕留めたら場所を変える。10秒待ち伏せ、移動する。というように有利なポイントポイントを渡り歩いていけば、スナイパーでも活躍できるはず。

ぜひ挑戦してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です