CoD:MW ハンドガン Renettiが本当に強いのか試してみた!

どうも、管理人です。

昨日からCoD:MWのプレイリストが更新されて、SHIPMENTが10対10という更なるお祭り仕様になりましたね。

そういうことで、せっかくなのでハンドガンのRenettiのレベル上げをしてみました。

使ってみてわかったのは…

接近戦のハンドガン強い!

ということ。

ハンドガン Renetti とは?

CoD:MWではオーバキルというパークを装備することで、メイン武器を二つ携行することができます。

そのためあえてハンドガンを使わなくても、サブマシンガンやショットガンで代用することができ、実際にそうしている人も多いです。

そのためハンドガンを使っている人は少なく、不遇武器として有名です。

しかし一部の熱狂的なハンドガンナーは消滅せず、後述するデュアル等を駆使して、メイン武器顔負けの戦い方をしている人も少なくないのです。

その中でも最後に追加されたのがこのRenetti。

かの有名なピエトロ・ベレッタ社のモデル92、そのアメリカ軍仕様であるM9がベースになっています。

そして最大の特徴は、バレルアタッチメントによって3点バースト機能がつけられること。

レベル上げも最後の最後で解放されるアタッチメントですが、これによってハンドガンの中ではかなり実用的な武器になります。

正直ハンドガンは.357とデザートイーグルを除けばそれほど性能差がないと言われていますが、バースト導入で頭一つ抜けた存在になると思います。

それにしてもこのカスタマイズ…….CoD:MW製作陣は分かっている。

パーツを組み込んでいくと、イタリアで対テロ用に作られた3点バースト機構を持つマシンピストルM93Rそっくりになるのです。

かっこいい!

Renettiを実際にマッチで使った感想

そういうわけで、実際にRenettiをマッチで使用してみました。

当然最初はノーアタッチメントなので、Shipmentでひたすらレベル上げ。

しかし不思議と、この時点でかなり上位に入ることができ、ドミネーション等立ち回り優先のマッチではスコアトップにもなれました。

圧倒的な機動力のおかげで、Shipmentではハンドガンがかなり役に立つようです。

またアタッチメントで軽量トリガーやグリップ等が解放されていくと、さらに軽快になり、距離を詰めれば勝てる!武器になっていきます。

積極的にヘッドショットを狙って連射する必要はありますが、バースト解放前でもそこそこ戦えます。

レベル上げが終わりバーストを使ってみると、これは強い!近距離では究極に機動力の高いFR 5.56という印象。

めちゃくちゃ素早いのにヘッドショットでワントリガーキルなので、Shipmentでは全クラスでも最強の部類だと思います。

そういうことで他のマップでもRenettiを使ってみたのですが……。

距離が伸びると厳しい戦いになるぞ。

やはり少しでも距離が伸びると火力が足りず、アサルトライフルには殆ど毎回負けてしまうので、断念しました。

屋内や、Shipmentのような激狭なときにこそ有用な武器だと思います。

ただ、先ほど少し書いたデュアル(両手持ち)+バーストにしたときの火力は凄まじいものがあります。というか、その組み合わせのプレイヤーによくキルされること。

距離を詰めれば、最強のキル速度です。当てるのが難しいですが、自信がある人は是非使ってみてください。

お気に入りアタッチメント

ちなみにRenettiのアタッチメントもいろいろ試してみたのですが、結局以下のようなものに落ち着きました。

バーストは組み込みつつ、ストックは無し。

マッチグレードトリガーとXRK プログリップで機動性をあげつつ、スライハンドでリロードを早めています。

マガジンは純正だとすぐに弾切れになりますが、リロードが早いため、7トリガー分あれば十分と判断し21ラウンドマガジンにしています。

個人的にはこれが一番かっこいいカスタマイズ使いやすいカスタマイズだと思いました。

ちなみにコテコテのM93R仕様はこちら。

バレル上部の放熱口、フォアグリップ、折りたたみストックと三つ揃って格好は抜群に良いのですが、何につけても機動性がだいぶ落ちます。

せっかくのハンドガンのメリットが少なくなり、サブマシンガン的な武器になる割には射程距離がうんと伸びるわけではないので、あまりおすすめではないかもしれません。

まあでも格好いいのは良いことだ。

 

では、使ってみてね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です