CoD:MW アプデで強化されたHolger 26を使ってみた!

どうも、管理人です。

今回は、アップデート1.21で強化されたHolger 26を。

この武器、H&K G36という人気の高いモデルにも関わらず、使えないということで有名でした。

しかしはっきり言って、驚くほど強くなりました

つまずいていたレベル上げも一瞬で終わったので、今回はその感想とおすすめアタッチメントを紹介します。

Holger 26 アップデートで強化された内容

さて、今回のアップデートでのHolger 26の強化内容は以下の通り。

  1. 移動速度が向上
  2. エイム速度が向上
  3. 反動がわずかに減少

まずはこれがノーマル状態での強化です。

またいくつかのアタッチメントも強化されました。

FTAC 8.98″ スプリットファイア

  1. エイム速度の向上
  2. 機動性の向上
  3. 腰打ち命中率の広がりの減少

XRKウルトラライト

  1. エイム速度の向上

30ラウンドマガジン

  1. ダッシュ後射撃速度の向上
  2. エイム速度の向上
  3. 移動速度が向上
  4. 腰打ち命中率の向上

ストック無し

  1. ダッシュ後射撃速度の低下
  2. 機動性の向上
  3. 腰打ち命中率が向上
  4. エイム速度が向上

粒状グリップテープ

  1. エイム速度低下が減少

Holger 26 使った感想は?

そういうわけで、実際にHolger 26を使ってみましたが、これはなかなか強い!

アタッチメント無しの時点でもかなりエイム速度、機動性が上がっており、これまでは使えないLMGという感じだったのが、アサルトライフルとLMGの中間という位の印象。

もともと威力がそれほど高い武器でもないので、どちらかといえば射程距離が長く装弾数が多いアサルトライフルというイメージになりました。

他のLMGとは徹底的に差別化されていますね。

またアタッチメントをつけていくことで、超絶機動力の高いLMGにすることも、定点で狙い撃てる遠距離仕様にすることも可能。

反動が減ったことがあって、どちらにしても使いやすくなりました。

ひたすら戦い続けられる近距離仕様のHolger 26

今回やってみて、驚くほどの強さを発揮してくれたのが、こんなカスタマイズ。

エイム速度と機動性を上げたコンパクトなボディに、ドラムマガジンを装着してなんともヘンテコな銃ですが……。

大抵のアサルトライフルとタイマンを張れる機動性ながら、装弾数は100発。そして射程距離も抜群に長いという非常に強い武器になっています。

特に機動力+圧倒的な装弾数は、複数相手でもスキなく戦えるのが魅力。

僕のようにエイム力の低い人は特に外す弾数も多いので、そういう初心者にもおすすめなカスタマイズです。

ちなみに近距離仕様とはいえ、サブマシンガンやショットガンには敵いません。なので10m、20m離れたところから集中砲火を浴びせるのがおすすめ。そのためにスカウトコンバットサイトをつけています。

圧倒的な火力の後方支援仕様のHolger 26

これは僕の場合主にGround Warや、(30連マグに変えて)Warzone等でも使っている後方支援仕様のHolger26。

この銃のメリットを最大限に生かしたカスタマイズです。

アサルトライフルなら射程距離や装弾数を増やすために二つアタッチメントが必要なところ、このHolger 26は両方を兼ね備えています。

しかし問題は上反動が結構大きいこと。そこで反動制御&エイム速度をバランス良くアップ。そこに4倍のサイトをつけて、精密射撃をできるようにしています。

実はこのHolger 26の4倍サイトは、高倍率でありながらスコープのようなレンズ反射がないんです。ちょっとしたことですが、意外に役に立ちます。

この仕様だとどんなに遠くても同じ場所に50発、100発と弾を撃ち込めるので、ポジションがよければ動かず5連続キルも夢ではありません。

また、意外に機動性もそこまで低くないので、ストレス無く戦えます。

ぜひ試してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です