FPS好きな人なら一度は見るべき映画2本

どうも、管理人です。

今日はCOD MWのアップデートなので、その間に映画を見ました。

見たのは最初に紹介する極大射程なのですが、実に面白い。

そういえばこういうアクションの名作、何個かあったなあと思いブログにしました。

だれもが知っている007などではなく、ちょっとマニアックだけどFPS好きにおすすめな映画2本を紹介します。

極大射程 ザ・シューター(2007)

COD MWを普段プレイしている人には、突撃アタッカーにも芋芋スナイパーにも絶対に見て欲しいのがこの映画。

極大射程は管理人が中二病まっさかりの13歳から愛読する最高のスナイパーアクション小説です。

伝説的なスナイパーでありながら退役し孤独に生きるボブ・リー・スワガーは、壮大な計画にはめられ大統領暗殺未遂の犯人としてアメリカから追われることに。

しかし中盤からはどんどんボブ・リー・スワガーの知恵とタフネス、そしてライフルの腕によって今度は敵が追い詰められていく。

この緊張感、そして色々なユーモアに富んだセリフが本当に面白い!

これ以上面白いアクション系の小説は、正直僕には思い浮かびません。

で、この小説が2007年に映画化されたものがこの極大射程 ザ・シューター。

初めて見たときは原作のユーモアやストイックな狙撃の感じがだいぶ省略されていたので「うーん」と思った(中学生のときです)のですが、今見るとまあ面白い!

最近はNETFLIXのドラマとしてもザ・シューターが有名になり、こちらはこちらで面白いのですが、2007年の映画版はよくも悪くも男臭くて、ライフル1本で戦う男な感じが原作の主人公っぽいかなと思います。

NETFLIX版は銃器描写などすごくリアルで、アクションもテンポ感がよくこちらも面白い。

ただ主人公がちょっとスマートで都会的すぎる感じがあって、原作のベトナム戦争の英雄って感じはないですね笑

とはいえ、どちらも本当に面白いので、時間がある人は両方、ない人は映画版(2時間完結)だけでも見ましょう!

(2007年版はチラシのデザインが典型的なアクション映画で期待していませんでしたがw 面白いですよ)

その後は絶対COD MWのグランドウォーで「風…2メモリ左」とか言いながら芋スナしていることでしょう。

山猫は眠らない シリーズ

さて、スナイパー志願のみなさんならきっとご存知なこの映画。

なんと1作目は1993年とな!知りませんでしたが、自分が幼稚園でキャッキャ言ってる頃の映画だったのですね。

これは低予算で作られた割にストイックなスナイパーの物語を描いた一作目が無駄に当たったせいで、惰性で7作目まで作られてしまった伝説のB級映画。

しかしB級というには人間くさすぎるトム・ベレンジャーの素晴らしい演技と、2作目〜6作目の焼き直しだけど結局見ちゃう面白さ。

そして2017年に突如として現れた傑作の7作目のせいで、みんなが忘れられなくなってしまったシリーズです。

山猫は眠らないという名前は邦題限定らしいのですが、なんかいい雰囲気ですよね。

他のサイトの人も書いているのですが、この微妙にぐっとくるネーミングも日本でファンがいる理由だと思います。

スナイパーが好きなら絶対に見るべき。

特に地道に任務をこなす1作目と、感動的な7作目は本当におすすめです。

ちなみに一作目で主人公の相棒ミラーが使ったG3の改造版(PSG-1との間の子みたいな感じ)は、G3山猫ver.と呼ばれ、さんざん東京マルイの電動ガンで再現されることになりました。

プラチックがギシギシ軋む大昔の電動ガンですが、やっぱりロマンですね。

 

ぜひ見てくださいね。本当にこの2シリーズ?は見るべき映画だと思います。

それでは、映画の後にグランドウォーで会いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です