CoD:MW スナイパーライフルでおすすめはどれ?

どうも、管理人です。

僕は一応「へっぽこスナイパー」というニックネームからもわかるように、実際かなりのスナイパー好きです。

先ほど紹介した「極大射程」や「山猫は眠らない」といった作品に完全に当てられております。

ということでFPSでスナイパーやるぞ!!と思って始めたのですが、結論……。

思った感じと違う

(*´∀`*)

いや、スナイパーライフルもあるし、Cod:MWではマップも広くグランドウォーのようなスナイパーが強いモードもあるのでとっても楽しいのです。

ただやっぱりオンライン対戦なので、みんな強い!

動きは早いし、もたもたしていると逆に撃たれるしで、一方的なスナイピングはなかなか決まらないもの。

でもその代わりに、しとめたときの喜びはアガるぅううううって感じです。

今回はアガりたい初心者のためのスナイパーライフル選び解説です。

確実に仕留められるのはAX-50

結局、スナイパーライフルを使っている人は殆どこれだと思います。

特にドミネーションやチームデスマッチ等で実用的に使えるスナイパーライフルはこれしかないと言われています。

AX-50の元ネタ(実銃)は、L96で有名なあのアキュラシー・インターナショナルの高威力なアンチマテリアルライフル。

そのためゲームでも非常に威力が高く、胴体に当てれば一発キルできる強さを持っています。

にも関わらずアタッチメントでエイム速度を高めて機動性を向上させることができ、その方向で突き詰めていくことで唯一、マルチプレイでも十分実用的なスナイパーライフルになっているのです。

ちなみに設計図(スキン)として手に入るWitching Hourはまさに機動性最優先のカスタマイズが施されたモデル。

いつのまにか手に入れていたので入手方法はわからないのですが汗 持っていたら使ってみましょう。

HDRはグランドウォー向け

それに対し、HDR。

このライフルはキャンペーンモードでハディルズ・スナイパー・ライフルとして出てきたオリジナルの銃。

なんですが、これがめちゃくちゃかっこいい。特にチャンピオンストックにしたときのデザインは、L96にも勝るとも劣らないクールさです。

さらにキャンペーンモードでの狙撃ミッション=死のハイウェイ(8章)をクリアしている人だったら、少なからずこの銃に愛着を覚えるはず。

なので使いたくなってしまうのです。

でもこの銃は、絶望的に機動性が低く、エイム速度も遅いです。

アタッチメントも速さを向上するものが一つもなく、これが「使いどころがない」と言われてしまう所以ですね。

ただ、射程距離と精度に関してはAX-50をしのぐライフルなので、くそ広いマップで繰り広げられるグランドウォーでなら活躍するチャンスがあります。

かなり難しいですが、敵が見えるか見えないかくらいの(600m〜800mくらいの距離?)でもヘッドショットを決めれることがあり、これができるとアガります。

とはいえ、そんなチャンスはなかなかないので、やはり同じスナイパーライフルで活躍しようと思ったらAX-50になる人が多いかと。

でも、かっこいいんだ!僕は使ってます。

ドラグノフよりEBR-14の方がいいかも

さて、最後に残るのがセミオートライフルであるドラグノフ。

このライフルは連射性能が魅力なんですが、しかし何と言っても威力が弱く射程距離もスナイパーライフルとしては貧弱。

スナイパーライフルとして使っていると、せっかく当てたのに相手を倒せずに逃すことが少なくなく、ちょっとストレスが溜まります。

なので射程距離の長いグランドウォーで使っている人はあまりいないかと。

そこでドミネーションやチームデスマッチ等で使ってみよう!となるのですが、正直その射程距離ならマークスマンライフルのEBR-14の方が使いやすいと思います。

EBR-14はちゃんと敵が見える距離=大体3倍サイトで狙える距離ならば胴体2発キル、ヘッドショット1発キルが可能なマークスマンライフル。

エイムもそれなりに早く、リロードも早いので、セミオートでバンバン狙撃したい人は、ドラグノフよりもこちらが使いやすいと思います。

基本撃つときは連射になるので、極上のスナイパー感は味わえないですが笑

楽しさならKar98が一番!

で、色々僕もスナイパーライフルを試してみました。

ドラグノフからAX-50まで試し、その後EBR-14をレベルMAXまでやってみたり、血迷ってFALをスナイパー仕様にしてみたりしたのですが…。

最後に試したKar98が実に楽しかったし、それなりにスコアも取れました。

Kar98は比較的連射の可能なボルトアクションライフル。

射程距離はマークスマンライフルとしては長めで、グランドウォーでは厳しいですが、10 VS 10までは問題なく対応できます。

リロードも上から弾を込める懐かしいタイプですが、そこまで遅くなく、スライハンド装着でスピードローダーを使うというリアルに素早いリロードも見れます。

しかし威力はやや低いので胸上に当てることが要求され、当てても胸下でキルできず、次を撃つ前に敵にやられるということは多々あります。

なので強さでいえばEBR-14もしくは一発キルしやすいAX-50だと思うのですが、楽しさはKar98がピカイチ

小気味良い速さでボルトアクションを操作しながら連続キルできたときは、マジでアドレナリンがMAXになります。うまく決まると本当に楽しいです。

個人的に古い武器はあまり好きではないのですが、無料バンドルで手に入ったOpen Seasonという設計図(スキン)は外見が大好きなレミントン M700に近くなるので、十分テンアゲです。

Cod:MWは本家スナイパーライフルがエイム遅すぎてちょうどいいのないなあ〜、とスナイパー諦めていたそこの君!

Kar98を試してみてくださいね。

それでは、500m以上離れた場所からスコープの中で会いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です