【感想&レビュー】攻殻機動隊 SAC_2045を全部見た!ARISEはとんだ擬似記憶だった!【NETFLIX】

どうも、管理人です。

いつもFPSについて書いているブログですが、実は僕は攻殻機動隊の大ファンなんです。

なので今日は攻殻機動隊SAC_2045についてレビューを書こうと思います!

で、ちょっと前書きなのですが僕が好きな攻殻機動隊は最初のGHOST IN THE SHELLからSOLID STATE SOCIETYまでです。

正直ARISEシリーズは何度見ようと挑戦してもテンポが悪すぎ、最後まで見れませんでした。ARISEファンには申し訳ないですが…。

神山監督のSACシリーズを擦り切れるほど繰り返して見ていました。

実際そういうファンの人って多いはず。

攻殻機動隊SACの張り詰めた糸のような緊張感、政治的な思惑が交錯するストーリー。

例えばSACの笑い男編では、「孤独な群衆」と名付けられた無自覚な大衆社会への痛烈な批判と、それとは対照的に自我を獲得していくAI(タチコマ)の描写は、あまりにも切実ながら感動的ですよね。

で、そのテンポ感に慣れていた往年のファンは、映画館でARISEを見て….

え?

となったはずです。

まず戦闘のプロであるはずの少佐たちは棒立ちで、

「バババババ…..ん…..?….危ない!」

みたいな全く緊張感のない描写。ストーリーが難しいのは良いですが、言葉でやたらと難しくしているだけで、伝わってくるものがない。

「攻殻機動隊も終わりか」

と思ったのは、僕だけではないはずです。

そしてついに公開となった、NETFLIX限定の攻殻機動隊SAC_2045。オリジナルの声優と、神山監督!!!!!!!で作る最新作とあって、wktkが止まらない。

公開直後に全部見たので感想を書きますが、これは……..

本当の意味での9課再建だ。

まちがいない。ARISEはとんだ擬似記憶をかまされただけだったのだ。

攻殻機動隊 SAC 2045の良かったところ

正直このいかにもハリウッド映画風のCGを見て、最初はがっかりしました。だって、完全にトイストーリーテイストの描写が、全然攻殻機動隊らしくない

攻殻機動隊といえば古臭いアニメと未来的な世界観の融合が魅力だと思っていたので、アメリカ市場を狙ったにしろさすがにアカンやろ、と思います。

で、見終わった結果。

正直アニメの方が良い気もしなくはないですが、数話も見れば見慣れます。それよりもストーリーの方に引き込まれてしまいますし、声優があの少佐!あのバトー!なのでもうそれだけで十分。

全体的にはとても楽しめました。

ということでそれを大前提に、攻殻機動隊SAC_2045の魅力を紹介します。

1. 攻殻機動隊のキャラクターがより個性的、魅力的に

SACシリーズの攻殻機動隊って、大好きなんですが良くも悪くも伝えたい思想的なものが優先されていて、そのためにそれぞれのキャラクターが存在するような感じでした。(伝わるかな?笑)

それに対し、攻殻機動隊SAC_2045は、あくまで攻殻機動隊ファンのための作品。神山さんらしい深いストーリーながらわかりやすく、何よりもキャラクターの魅力が今まで以上に際立っています。

SACではかっこいいのに出番が少なかったサイトーが、スナイパーらしく狙撃でバンバン活躍したり(アメリカでのあのシーン、最高だった)、バトーさんの熱血男らしさが垣間見えたり。少佐もクールすぎず、かといって外しすぎない絶妙な感じがたまりません。

攻殻機動隊SAC_2045の全体的に少し年をとった感じもむしろいいなあ、と思います。

少佐のキャラクターデザインは可愛すぎじゃね?と思ったのですが、何本か観ていて思い直しました。可愛いって正義だ….

会話のシーンで少佐の顔をガン見してしまいますがなw

SACシリーズの攻殻機動隊を、もっとキャラクターやアクションに視点を置いて見ている感じです。

2. ストーリーはシーズン後半に向けてどんどん面白くなっていく

正直攻殻機動隊SAC_2045のシーズン1前半はちょっとハリウッド映画的なアクションが多いので、ストーリーはそれほど進行しない感じ。

でも公安9課再建に至るまでのストーリーなので、これくらいの分量が必要だったのも仕方ないかなと。

このキャラがこうなっちゃったの?的なものは一切なく、往年の攻殻機動隊ファンが求めるキャラクターがバッチリ出てくるので、ある意味安心しました。

で、今回の攻殻機動隊SAC_2045はポストヒューマンという人々がストーリーのメインになっていくのですが、これがなかなか面白い。

詳しくはネタバレになるので書きませんが、後半にいくにつれて、ちょうどSAC2のクゼのように彼らの過去や思いに焦点が当たっていきます。

そしてあの終わり方!

攻殻機動隊SAC_2045の前半はアメリカが舞台ということもあってドンパチ中心で派手な感じですが、後半は完全に日本が舞台。

しかもオリジナルのSACシリーズよりも、等身大というか現代に近い雰囲気の日本だと思います。

とにかく騙されたと思って攻殻機動隊SAC_2045見てください。きっと最後まで見ちゃいます。

3. SAC2045はCGならではのアクションが大迫力!

攻殻機動隊SAC_2045はアニメからフルCGになったことで、失ったものはあると思います。

それは人間が手で書いていることから生まれる独特の雰囲気です。でも、CGにしたことでアクションシーンは非常に迫力あるものになったと思います。

やはりNETFLIXオリジナルであることもあり、かなりアメリカナイズされているというか、何にしてもハリウッドっぽさがあるのですが。

むしろ僕は攻殻機動隊SAC_2045はアニメであるという先入観を捨てて、それこそPS4でゲームをやっているような感覚で見れば違和感がないし、むしろ没頭できるかなと思います。

普段FPSやっていることもあって、攻殻機動隊SAC_2045のCGのリアルな背景とかアクションの感じは逆に目に馴染みがありました。

先ほども書きましたが「これはないだろ」と思う人も、見はじめたら絶対気にならなくなって、ハマるはず。

4. 攻殻機動隊ファンサービスがいっぱい!

攻殻機動隊SAC_2045には完全に往年のファンを喜ばせるためだろ!というようなセリフや描写がいっぱいあります。

そしてストーリーのキーアイテムとして小説を持ってくるあたりもさすが。今回はオーウェルの1984です。ライ麦畑で捕まえては何度も読んで、引用部分を探したりしましたが、このあと1984がどのくらい掘られていくか楽しみです。

ちなみにSACの時点でビッグブラザー(アニメではボーマのセリフ。1984 Big Brother Is Watching Youからきているはず)という言葉が出てきたりしているので、神山監督は昔から1984のアイデアを温めていたのかもしれませんね。

そのほかにも攻殻機動隊SAC_2045のタチコマの雰囲気は、SACそのもの!

というかタチコマに関しては攻殻機動隊SAC_2045のCGアニメーションとの相性が抜群で、オリジナルより自然です。さらにセリフや言動も可愛さが増している!タチコマに関してはすでにSACを超えています。

ついでにあの鑑識が出てきたときはほくそ笑みましたわw

攻殻機動隊 SAC_2045の微妙なところ

とはいえ、やはり攻殻機動隊ファンとしては、ちょっと受け入れるまでに時間がかかった部分があるのも正直なところ。

一応それについても一意見として書いておこうと思います。

1. ハリウッド感と今のアニメっぽさ

攻殻機動隊SAC_2045は音楽に関しても、ストーリーの進み方に関しても、やっぱりハリウッド映画っぽさというのは随所に感じます。

アメリカの視聴者に受ける感じ、というNETFLIXの意向を汲んでいる感じはひしひしと伝わってきました。

攻殻機動隊SAC_2045の音楽も菅野よう子に比べてしまうのはさすがに酷だと思いますが、全体的に典型的なアクション映画という感じです。(とはいえ全然、悪くはない!あまり特徴がない感じ)

あとは攻殻機動隊SAC_2045で新規追加された江崎プリンというキャラクターなどは、今のアニメっぽい感じなのかな?

ちょっとポップすぎて攻殻機動隊の世界観に合わないような気がしますが、まあこれも数話見ると慣れますね。

2. CGキャラクターの限界

日本的な感覚なのかもしれませんが、漫画とかアニメって、人が書いているものなのでやはり、心がこもっているのかもしれません。

表情の微妙な部分はやっぱり攻殻機動隊SAC_2045のCGだと少し表現しきれないように感じます。

まあこれも、比べればという話です。

もしこれが初めて見る攻殻機動隊だったら、大満足で手放しに褒めていたと思います。

とにかく見よう!面白いぞ!

冒頭にも書いたように、僕はかなりうるさい方の攻殻機動隊ファンだと思います。

サリンジャーも読んだし、笑い男のマークも書けるし、セリフも日常で出てきてしまうくらいには攻殻機動隊が好きです。

なのでARISEがどうしても受けいられなかったのですが….。

そんな偏屈なファンからしても、この攻殻機動隊SAC_2045は面白い!

ぜひ観てくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です